経営者の理念を伝える

就業規則(会社のルール)は、その会社の個性を表現した象徴です。
したがって、会社はその個性的な就業規則を自らのものにすることで、より個性的でいられることができます。
そこで働く従業員は、そのワーク・ライフ・バランスが取れるような就業規則がより身近で信頼性が高いものであれば、労使関係がより良好となり短期退職者や労使トラブル(パワハラ、セクハラ、マタハラなどの社員トラブルなど)が減少に繋がっていきます。

就業規則を作成することによって経営者の理念、会社の理念を写真に指し示すことができます。会社と従業員の権限と責任を明確にし、従業員のやる気を引き出す仕組みをルール化することで、会社の業績アップに繋げることもできます。

ワーク・ライフ・バランスについて詳しくはこちら

就業規則を義務と思って、ひな形を使ったり、他社の物まねをしていませんか。
就業規則は、会社のルールです。
会社のルールは、それぞれの会社が、独自に、作って構わないのです。(ただし、法令に従う必要はあります。)

就業規則は、監督署に届け出する場合、従業員の過半数代表者の意見書が必要です。
従業員の代表者と、しっかりコミュニケーションを図れるチャンスです。
従業員を巻き込んで、会社独自の会社の意思のつまった就業規則を作りましょう。

⇒当事務所の社会保険労務士が、お手伝いいたします。どうぞご相談ください。

当事務所の社会保険労務士が就業規則の作成・見直しをお手伝いいたします。

就業規則について思い悩んでいるなら、すぐに当事務所に気軽にご相談ください。


やる気を引き出す経営理念で業績アップ、売上げアップの黒字経営

メールでのお問合せ

海野社会保険労務士事務所
〒124-0023
東京都葛飾区東新小岩1-5-18-1008
TEL:03-5672-5255
FAX:03-5672-5256
 営業時間  月~金 9:00~18:00

対応地域

総武・中央線沿線及び、港区、中央区、千代田区など東京都23区を中心にしております。ご要望によっては23区外も対応可能です。