ワークライフバランス

ワークライフバランスとは

ワークライフバランスとは、「仕事と生活の調和」と訳され、内閣府男女共同参画局の「ワークライフバランス憲章」によれば、「国民一人ひとりがやりがいや充実感を感じながら働き、仕事上の責任を果たすとともに、家庭や地域生活などにおいても、子育て期、中高年期といった人生の各段階に応じて多様な生き方が選択・実現できる社会」とされ、具体的には、

(1)就労による経済的自立が可能な社会
(2)健康で豊かな生活のための時間が確保される社会
(3)多様な働き方・生き方が選択できる社会

とされています。

ワークライフバランスが必要な理由

育児介護を抱えている労働者の能力を活用できます。

時短勤務での対応ができ、職場復帰を早めることができます。

明治安田生活福祉研究所とダイヤ高齢社会研究財団の調査によると、親の介護を理由に転職した人で、転職先でも正社員として働いているのは、男性で3人に1人、女性では5人に1人に留まっていることが分かりました。

人材を集めやすくなります。

優秀な人材の流出の防止につながります。

平成26年版厚生労働白書によれば、国民のおよそ7割の人がストレスを感じているといいます。特に、現役世代の男性は、「職場の人付き合い」「仕事上のこと」に悩んでいる人が 多くなっています。労働者個人個人が、働きやすい職場は、今後、一層、労働者から求められていきます。

ワークライフバランスの効果

  • 労働時間の削減により、不必要な残業時間が減少し、賃金コストが軽減できます。
  • 長時間労働によるうつ病等の休職者の増加を、抑えることができます。
  • 時間効率を意識させる仕組みの導入することにより、業務にメリハリがつき、活気のある職場となります。
  • 仕事の標準化(他のメンバーが仕事を代替できるようになる)により、チームワークが醸成されます。
  • 業務のマニュアル化で、暗黙知を減らし、緊急時の対応も可能となり、リスク強い組織(職場)となります。

就業規則の必要性

育児介護を抱えている労働者が、育児休業や介護休業を取得したり、短時間勤務に切り替えることも、着実に増加しています。
就業規則でしっかりとした制度を、設計することにより、これから休業をしようとしている労働者や休業している労働者に、安心感を与え、モチベーションを高めることができます。

ワーク・ライフ・バランス推進助成金ついて詳しくはこちら

しまったと思う前に、就業規則の作成・見直しを!

就業規則について思い悩んでいるなら、すぐに当事務所に気軽にご相談ください。


良い人材が入社すれば業績アップ、売上げアップの黒字経営

メールでのお問合せ

海野社会保険労務士事務所
〒124-0023
東京都葛飾区東新小岩1-5-18-1008
TEL:03-5672-5255
FAX:03-5672-5256
 営業時間  月~金 9:00~18:00

対応地域

総武・中央線沿線及び、港区、中央区、千代田区など東京都23区を中心にしております。ご要望によっては23区外も対応可能です。